学びが広がる家庭菜園

食育
スポンサーリンク

以前にスーパーでの買い物は最適な知育だとお伝えしたことがあります。

 

 

お店で見かけるお野菜を自分の手でも育てることが出来るという経験は、子どもの心に深く響きます。

 

今回は広いお庭が無い家庭でも出来る家庭菜園のお話です。

 

初めての家庭菜園に挑戦する方向けの記事です。

 

 

子どもと家庭菜園をする効果

食べることへの興味が増す

幼児期には“子どもがあまり食べてくれない”という悩みをよく聞きます。

 

原因はいろいろですが、いずれにしても食に興味を持たせることが食べることに直結します。

自分が育てたお野菜を自分で収穫して食べる、という経験は興味を示すきっかけとなります。

 

 

季節を学べる

旬の物は美味しいだけではなく栄養価も高い為、積極的に取り入れたいものです。

 

スーパーはハウス栽培や輸入品等により、季節に関係なく食材が並ぶことも多いです。

好きな食材が好きな時に食べられる良い時代になったのですが

やはり成長期の子どもへは旬の食材のおいしさを知ってほしいと思います。

 

家庭菜園であれば、季節を感じ学びながら育てることが出来ます。

 

 

責任感と誇りを持つ

収穫までの工程を“子どもの役割”とすることで

より前向きに一生懸命取り組みます。

 

自分にしか出来ないことだと認識し、責任感と誇りを持てます。

 

「大人主体で子どもはそのお手伝い」ではなく

子ども主体で大人が手伝う」という環境が自尊心を育てます。

 

  

物を大切にする心が育つ

うまく育たないこともあります。

物事は全てが簡単にうまくいくわけではないことを知ります。

 

うまくいかなかった時は何が原因だったのか

を一緒に考え考察力を鍛えます

 

食べ物を育てる難しさを知ることから

食べ物が貴重な存在で大切に扱わなければならないことを学びます。

 

うまく収穫できた時
経験しないと得られない喜びを感じられます。

 

 

お母さんと同じ目線で楽しめる

お母さんと共通の作業をし、一緒に楽しみ、一緒に過ごす時間であることが

何より子どもに安心感を与えます。

 

心が安定した状態で得たことは、頭にもスムーズに入り吸収できます

 

 

お手軽キッチン菜園でリボベジ

キッチン菜園とは

キッチン等の室内でお野菜を育てること

です。

 

身近なお野菜を再生させるリボベジ(リボーンベジタブル)が人気です。

 

リボベジは普通なら捨ててしまう様なお野菜の芯やヘタの部分を使います。

 

例えば

大根の葉の部分を切り、水を張った容器に置いて葉を育てる方法です。

 

水栽培で出来るお野菜が多いので、室内でも気軽に出来ます。

 

子どもにとっては、環境を学ぶ機会になることも大きなメリットです。

 

 

超初心者の菜園は豆苗がおすすめ

こんな記事を書きつつ、私は菜園の超初心者です。

 

興味はあったので今までもいろいろやってみたのですが、何度も途中で枯らしてしまっていました。(最初から育てるのが難しそうなものに手を出していたのが原因…)

 

そのうえ我が家は広いお庭はなく、私は虫嫌い…。

 

そんな人でも出来る菜園を探してみたらリボベジでした。

 

その中でも私がおすすめしたいのは、豆苗です。

 

スーパーに売ってある豆苗を買ってきます。

一度食べ終わったら根の部分が残るので

容器にお水を張ってそこに置くだけ。

水栽培です。

 

あとは日当たりの良い室内で育てます。

水は毎日変えます。

 

1週間もしないうちに伸びてきます。

 

 

 

豆苗はビタミン豊富
骨の形成に重要なビタミンK赤血球の作用に関わる葉酸など
栄養豊富なお野菜です。

 

菜園と聞くと土を耕して、水やりや追肥はもちろん、間引きや受粉させるなど

初心者からすると大変なイメージが先行するのですが、水栽培も立派な菜園です。

 

ぜひ一緒に挑戦しましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました