子どもを成長させる言葉

子育て論
スポンサーリンク

親から子どもへかける言葉は、子どもは聞いていない様ですごく良く聞いています。

 

親としても普段は冷静な言葉がけをしたいと思っていても

実際には瞬時にベストな言葉は出てこないもの。

 

私はよく「あぁ、あの時もっとこんな風に言ってあげれば良かった…」

と後から自己嫌悪になることが多いです。

ということで具体例も添えて言葉がけをまとめてみました。

 

ベースはモンテッソーリ教育の考え方です。

そこに私のオリジナルな言葉も入れているので

「これ使えるな!」とか「こう言えばいいのか」

という言葉がけのヒントになればいいなと思います。 

 

 

注意したい時

〇〇したらダメ、ではなく、△△しようね

しないで欲しいことに限って、子どもはふざけてしてしまうものですよね。

そんな時はつい、している行為自体を止めさせようとします。

すると子どもは反発心も出てきて余計に止めません。

 

止めさせようではなく、どうしてほしいかを伝えます

 

例)

 × テーブルの上に乗ったらダメよ

  テーブルの上は危ないから降りようね

 

 × お友達のオモチャを奪ったらダメでしょ

  お友達のオモチャを使いたい時は「貸して」と言おうね

  お友達のオモチャは返そうか。他のこっちのオモチャで遊ぶのはどう?

 

 × 静かにしなさい!

  大きな声はお外で出そうね

  お店の中はアリさんの声でお話しようか。アリさんはどんな声かな~?

 

させたいことがある時

命令形ではなく依頼系・誘い系で伝える

おでかけ前に早く支度をしてほしいのにダラダラして進まない…なんてこと日常茶飯事。

そんな時の言葉です。

 

例)

 × 早く着替えなさい

  9時に出発だから、靴下を履いててもらって良い?

 

 × 手を洗いなさい

  お外から帰ったらお母さんと一緒に手を洗おうね

 

 × 片付けなさい

  もうすぐお食事の時間だからオモチャを片付けようか

  お母さんとどっちが早く片付けられるか競争するよ!ヨーイドン。

 

極端に親が子どもにへりくだる必要はないと思っています。

ただ上から押さえつける言い方を避ける意味で、依頼系や誘い系は有効です。

 

褒めたい時

褒めるより、認める

褒めるのはどんな言葉でも嬉しいものです。

せっかく褒めるのであれば

“もっとやる気を出せる褒め方”をします。

それは“認める”ことです。

 

認めてもらえると子どもは嬉しい気持ち+次も頑張るぞ!とやる気を出します

 

例)

ひとりで着替えられてすごいね!

 ⇒ ひとりで着替えることができたね。

 

お片付けしてえらい!

  ⇒ お片付けしてくれてありがとう。

 

お手伝いできてえらいね!

 ⇒ お手伝いしてくれてお母さん助かったよ。

 

褒めたい時は言葉以外にもポイントがあるので、また別の機会に記事にしますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました