乾物の話~干し椎茸を作る~

幼児食レシピ

//乾物シリーズです//

 

今回は干し椎茸を作りました。

 

椎茸は多くの栄養素を含む食材です。

特にビタミンミネラルが豊富です。

 

きのこに含まれる食物繊維の一種で“β-グルカン”という成分があります。

これは免疫力を上げる働きがあります。

免疫力アップと聞けば食べない手はないですよね。

 

そんな椎茸を乾物にすると“ビタミンD”の量が増えるという特徴があります。

ビタミンDとはカルシウムの吸収を促す栄養素です。

丈夫な骨を作ってくれます。

 

ということで、成長著しい幼児期に欠かせない栄養素たっぷりの干し椎茸。

これはぜひ幼児食に取り入れたいです。

 

しかし、椎茸嫌いな子どもが多いという噂を聞いたことがあります。

私も子どもの頃は嫌いでした。そして我が子もあまり食べてくれませんでした

味も食感も見ためも…。椎茸を作ってる方々ゴメンナサイ

でも今は私も我が子も大好きです。

 

それはいろいろな調理方法を知ったから。

そのひとつが干し椎茸。

干し椎茸から煮物を作ったりすると、生から作るのと味が違います。

 

ぜひお試しを!

 

≪干し椎茸の作り方≫

  • 生椎茸をキッチンペーパー等で拭いて汚れを落とす
  • いしづきは切る
  • 椎茸が重ならない様にザルやひもの干し等に並べる

★まるごと干す場合‥椎茸をひっくり返して干す

★食べやすく切って干す場合‥薄切りにして干す

★子ども用に小さく切って干す場合‥かさの真ん中を中心に放射状になる様に切って干す

(今回この切り方で作りました。)

  

カラッと晴れて風がよく吹いている日で2日~3日でできます。

※まるごと干すより切って干した方が早く乾きます。

※生の部分が残っていると長期保存は難しくなります。

長期保存をする前提で作る時は、完全に乾燥するまで念のため長めに干しましょう。

 

≪今回の作った状況≫

日数:1日半

天気:晴れ

最高気温:26度 / 最低気温:14度

風:午前はそよそよ吹いていた。午後は無風。

場所:南東(朝日が気持ちよく当たる所です)

 

干して5時間後

すでにしわしわ

 

完成したら乾燥剤と一緒に保存袋か密閉容器に入れます。

 

これで約1か月は保存できます。

これを使って何か作ったらまたアップしますね。

 


~番外編~

椎茸の軸は食べるか?食べないか?の問題。

 

結論は“軸も食べられます

 

しかも美味しいうえに栄養もたっぷりです。

軸の先の石づきだけ切って、軸の部分はぜひ食べましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました